• info@vegantokyo.org

WHY なぜヴィーガン?

 

1. 動物のために

現在、毎年5600億頭を超える陸生動物が飼育され、殺されています。

(鳥に関しては70%が家畜であり、哺乳動物は60%が家畜でわずか4%が野生です(人は36%))。

この数字には、数が多すぎて数えきれない魚や、家畜以外の目的のために殺された何百万という動物は含まれていません。

知的で繊細でもある動物たちの大部分は、家畜工場の小さな檻に閉じ込められた挙句、非常に若くして屠殺されます。ヨーロッパの食肉用の鶏は、わずか5~7週間しか生きられません。

これら動物が悲惨な生き方をし、屠殺されるまでの恐ろしい状況を知る人が増えており、動物を食べることを放棄し、より優しいヴィーガンの食生活に移行しています。

2. 地球のために

畜産は、温室効果ガス排出の主な要因の一つ(全輸送手段を合わせた合計量よりも多い)というだけでなく、世界の淡水供給量の約70%を使用しており、森林減少、生物多様性の損失、淡水汚染の主要な原因の一つです。畜産による被害は海洋にも及んでいます。科学者たちは、2048年までに私たちの海から魚がいなくなるであろうと警告しています。

オックスフォード大学で行われた包括的な研究の著者は、「ヴィーガン食は、地球への影響を軽減するための唯一かつ最大の方法です。温室効果ガスだけでなく、地球の酸性化(大気汚染)、富栄養化(水質汚染)、土地利用、水利用などへの加担を減らすための、最も有効な道なのです。」と述べています。

3. 健康のために

現在、最も問題になっている二大疾患は、冠状動脈性心疾患(高レベルの危険なコレステロールに関連)、および2型糖尿病である。

研究によると、コレステロール値は標準よりもヴィーガンの人(果物および野菜が多く、飽和脂肪が少ない)は低く、糖尿病を発症する可能性もより低い。

4. 公共衛生のために

混沌とした畜産工場は病気の繁殖地です。

鳥インフルエンザウイルスや豚インフルエンザウイルスの増加に加え、食肉などから発生するカンピロバクター、サルモネラ菌、および大腸菌などの有害な細菌は、毎年何百万人もの人々を苦しめています。(さらには、感染の恐れは実際に食肉を消費する人だけではありません。二次感染や畜産工場からの流出によって、誰もが危険にさらされています)

もう一つの緊急課題は抗生物質耐性です。全抗生物質の約80%は家畜用であり、感染を治療するだけでなく、不自然な状態で生かし続けるため、そして成長促進因子としても使われています。

私たち人間にとって貴重な薬の無謀な過剰使用は、抗生物質耐性のリスクを増加させ、ヒト疾患に対する抗生物質が効かなくなることを意味します。

5. 世界の貧困をなくすために

現在、私たちの地球には、食べ物が足りない人が815百万人います。

しかし、世界の農地の半分以上が畜産農業に使われており、食用作物カロリーの34%は食肉や酪農産業の動物に与えられています。私たちが、こういった土地利用や畜産農業を止めれば、世界の飢餓を終わらせられる可能性があるのです。

 

動物にやさしく、地球にやさしく、人にやさしい

優しさを選ぼう、ヴィーガンを選ぼう

 

1. For the Animals

At present, over 56 billion land animals are bred and killed every year.

(A staggering 70% of birds, and 60% of mammals are now livestock animals, with just 4% of animals living wild (humans = 36%)).

This figure does not include fish, whose numbers are too great to measure, or the millions of animals killed for other human purposes.

The majority of these intelligent, sensitive beings live terrible lives confined in small cages on factory farms, before being sent to slaughter at a very young age. ( For example, the average slaughter age for a broiler chicken in the EU, is just 5-7 weeks.)

As more people find out about the horrific conditions under which animals live and die, they are shunning animal foods in favour of kinder vegan alternatives.

2. For Our Planet

 In addition to being the second largest contributor of emissions (greater than all modes of transportation combined), animal agriculture takes up approximately 70% of the world’s fresh water supply, and is one of the leading causes of deforestation, biodiversity loss and fresh water pollution. The damage caused by animal agriculture extends to the oceans as well, with scientists now warning that our seas could be empty of fish by 2048.

The author of a comprehensive study conducted at the University of Oxford goes so far as to state that “A vegan diet is probably the single biggest way to reduce your impact on planet Earth, not just greenhouse gases, but global acidification (air pollution), eutrophication (water pollution), land use and water use”

3. For Personal Health

Two of the most pressing health issues of the modern age are coronary heart disease (linked to high levels of dangerous cholesterol) and diabetes type 2.

Studies show that cholesterol levels are lower in vegans (whose diets tend to be higher in healthy fruits & vegetables, and lower in saturated fats) than in the standard population, and that vegans have a lower chance of developing diabetes.

4. For Public Health:

Overcrowded factory farms are a breeding ground for disease.

Apart from worrying increases in bird and pig flu viruses, harmful bacteria such as campylobacter, salmonella and e.coli from animal products are sickening millions of people every year. (And it isn’t just those who actually consume animal products who get sick. Cross contamination, and runoffs from factory farms are putting everyone at risk.)

Another urgent issue is antibiotic resistance. Around 80% of all antibiotics are now fed to farm animals, not just to treat infections, but to keep them alive in unnatural conditions, and as growth promoters. This reckless overuse of our most precious drugs increases the risk of antibiotic resistance, meaning increasing antibiotic failure for human diseases.

5. Food for All

At present, there are 815 million people on our planet who do not have enough to eat. Yet, over half the world’s agricultural land is used for livestock farming, and 34% of human-edible crop calories are fed to animals in the meat and dairy industries. If human being stopped using land and edible crops to raise livestock animals, we could potentially end world hunger.

 

Kinder to Animals, Kinder to our Planet, Kinder to humans   

Choose kindness, choose vegan